国産

ドッグフードのアレルギーについて

多くのドッグフードのパッケージには、使用されている材料と原産地(または製造場所)が記載されています。
おうちのワンちゃんがいつまでも元気で過ごせるよう、飼い主さんはまずドッグフードの材料http://www.1stop-doggifts.com/sei.htmlに配慮してあげましょう。
最近、犬にもアレルギーの問題が出てきており、深刻になっています。
人間にもさまざまなアレルギーがありますが、犬も同じで、たんぱく質や花粉、ハウスダストなどがアレルゲンとなるほか、食物アレルギーでは小麦、ラム肉、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこしがアレルゲンとなるケースが報告されています。

もしもワンちゃんが鼻炎や皮膚炎などのアレルギー症状が出てしまったら、すぐにかかりつけの動物病院に相談することをおすすめします。
そこで適切な処置をして貰い、自宅では食物アレルギー対応のフードを選んだり、アレルゲンに近寄らない生活をする必要があります。
食べ物や住環境以外では、ドライフードやおやつに含まれる合成添加物(着色料・保存料)が体内に蓄積した場合もアレルギーを引き起こすケースが考えられます。
人間にとっても有害な添加物ですが、実はワンちゃんにも良くありません。

ドッグフードには安価なものから高価なものまでさまざまな種類が登場していますが、タンパク質や炭水化物を肉と芋に置き換えるなどして、ワンちゃんのアレルギー反応を抑制させる工夫がされた製品もあります。
低アレルギーのドッグフードについてはこちら。
多種多様な犬種のなかには、食べ物も含めアレルゲンに敏感に反応してしまうタイプがいます。
特に病気治療中や加齢で体が弱っているワンちゃんには、アレルギーに配慮した安全性の高いフードを与えてあげたいものです。

飼い主さんとしては、ドッグフードはできるだけ安いものを…と考えてしまいがち。
しかしワンちゃんには言葉がありませんから、アレルギー反応を起こしても口で説明することができません。
まずは飼い主さんがワンちゃんの健康状態を把握し、最適なフードを選んであげることが大切です。
あまりにもアレルギーがひどい場合は飼い主が毎日手作りのごはんhttp://www.arimahp.jp/Handmade.htmlを作ってあげているそうです。
市販の商品に含まれている成分は裏面に表示されていますが、全部正しく表示していない業者もあるのです。
なので、いくつかの商品を試したけど全て合わなかったという場合は、飼い主が安心できる材料で作ってあげる方が安全性が高いですね。
毎日となると少し手間が増えますが、かわいい愛犬のためなら余裕ですね。

Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.