国産

犬にキャットフードを与えたら危険か

ドッグフードとキャットフードはそれぞれ犬と猫が口にする食事です。
ドライタイプの場合、どちらも見た目が似ている気がしますが、犬にキャットフードを与えるということは健康上問題はないのでしょうか?
まず、犬という生き物は雑食性で、肉が中心ではありますが基本的に何でも食べることができます。
それに対して猫は完全な肉食で、犬よりも肉・魚を口にする比率が高いことが特徴です。
したがって、猫用のキャットフードには肉や魚がふんだんに使われており、犬にとっては美味しいと感じても栄養素を十分に満たしていない可能性があります。

犬と猫は体格も違えば必要な栄養素も微妙に異なります。
猫は高カロリーと高たんぱく質が基本ですが、犬よりも嗜好性の高い動物であるため、キャットフードの外側や内側に旨み成分がプラスされている場合があります。
ワンちゃんが間違ってこれらのキャットフードを食べてしまった場合、いつも食べているドッグフードでは物足りなくなり、猫用のフードしか口にしなくなるおそれもあります。

また、キャットフードは犬にとって高カロリーであるほか、塩分の取り過ぎにも繋がる可能性があります。
塩分を摂り過ぎると高血圧や腎臓病にかかりやすく、いくら犬の方が体格が良くても、猫とは体の仕組みが根本的に違うということを抑えておきましょう。

ワンちゃんには、キャットフードではなくドッグフードを与えるようにしましょう。
魚が好きだからといって猫用の缶詰を与えるのも良くありません。
犬と猫を両方飼っていて、フードが混ぜこぜになっている場合は特に注意が必要です。
犬と猫は元来違う種類の生き物であり、健康な体を維持するために必要となる栄養素も異なるのです。

フードはもちろんですが、人間の食べ物を与える場合も注意しましょう。
犬には良くても猫にはカロリーオーバー、また猫には良くても犬には栄養的に難ありの場合があります。
人間の食べ物を食べさせる場合も、犬と猫でそれぞれ栄養に配慮してあげましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.