国産

人間の食べ物を与えたら危険か

犬は猫と違って、人間の食べ物を積極的に口にする生き物です。
古くから人間の生活になじみ、人間と寄り添って生きてきただけあって、どんな食事にも適応できる柔軟性があります。
今現在ワンちゃんに人間用の食事を与えている飼い主さんも少なくないことと思いますが、実はワンちゃんには人間の食べ物はあまり好ましくありません。
一般的に知られている理由としては、人間の食べ物には油分や塩分、糖分が非常に多く含まれており、人間からみて「味付けが薄いな」と思っても犬にとっては過剰である場合があります。

犬用のドッグフードはそれぞれの犬種の体格、年齢に合わせて綿密なカロリー計算がされています。
原材料も、味付けを濃くしすぎないよう配慮されていますし、栄養不足にならないようバランス良く栄養素が配合されているのがドッグフードです。
人間の食事はあくまで人間のためのもので、犬にとってベストなものはやはりドッグフードであるということです。
原材料からこだわって作られた100%オーガニックのドッグフードなど安全性の高い商品もありますのでそういったドッグフードが良いのではないでしょうか。

どうしても自分と同じものを食べさせてあげたいと思った時は、飼い主さん自ら手作りしてあげましょう。
手作りといっても調味料は犬に合わせて少なくしなければなりません。
食材を国産の安全性の高いものに限り、ワンちゃんの好きな具材を選べるところが手作り食の魅力です。

とはいえ、自分で手作りする時はレシピを調べつつ、飼い犬の好みにも合わせなくてはならないので結構な手間がかかります。
なかには手作り食を販売している通販サイトもありますので、自分で作り方が分からない場合は通販されているフードを参考にするのも良い方法ではないでしょうか。

・食べ物を与える際の注意点
ワンちゃんに人間と同じものを与える際は、ネギ類、イカやタコ、エビやカニ、香辛料の強いもの、チョコレートなどは厳禁です。
消化が上手にできなかったり、濃分の強い食事で病気にかかるリスクもありますので、ワンちゃんの健康をサポートしてあげるためにも材料から慎重に選ぶことが重要です。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.