国産

年齢や犬種に合わせたドッグフード

年齢やワンちゃんの種類によって選びたいドッグフード。
ワンちゃんといっても、小さい個体から大きな個体まで幅広く、さらには年齢や種類によって必要な栄養素が違うからです。
例えば子犬に、成犬用のドッグフードを与えると栄養が足りない場合があります。

・犬種によって選ぶ
チワワのような小型犬から、ゴールデンレトリバーのような大型犬まで、飼い犬の犬種に応じたドッグフードを選ぶことはそれぞれのワンちゃんの健康をサポートするためにも大切です。
大手のドッグフードメーカーでは、チワワやトイプードル、ダックスフンド、シェパードなど人気の犬種ごとのフードが販売されています。
ご自宅のワンちゃんの犬種が見つからない場合は、「大型犬用」「中型犬用」「小型犬用」と大きさから選べるフードがおすすめです。

・年齢によって選ぶ
ドッグフードにも年齢に応じてさまざまな製品が登場しています。
特に、動物病院やペットショップで販売されている大手のメーカーの製品は年齢や発達に応じたドッグフードhttp://pedi.jp/byouki.htmlが豊富に揃っており、フードに詳しくない飼い主さんでも楽に選ぶことができます。

人間で例えても、赤ちゃんにはミルクが必要ですし、離乳した後は流動的で食べやすい離乳食が中心となります。
いきなり固いものは噛めません。
犬も同じで、生まれたばかりの赤ちゃんにはミルクを、そしてそれが終わったら仔犬専用のカロリーの高いフードが必要になります。
多頭飼いをしているお宅では、仔犬に成犬用のフードを与える場合もあるようですが、適切な発達を促すには成長に応じたドッグフードを与えるようにし、仔犬と成犬の食事は個別に与えるように工夫が必要です。
仔犬用のドッグフードの特徴はこちらhttp://www.zoo-movie.jp/koinuyou.html

また、成犬になってからは1歳〜6歳、7歳〜10歳というように年齢に応じてフードが変わりますので、ワンちゃんの成長に合わせて食事内容も替えてあげましょう。
仔犬用のフードはカロリーが高めですから、6歳以降の代謝の落ちはじめたワンちゃんに食べさせるには不適切です。
高カロリー食は肥満や生活習慣病の元にもなりますので注意が必要です。

最近では愛犬家が多く、芸能人でも犬を飼っている方をよく見かけますね。
室内でも飼える小型犬が特に人気で、ティーカッププードルと呼ばれるとても小さい犬種などは100万円以上することもあります。
一般の家庭では高すぎるため20万円前後の仔犬を飼うのが普通だと思いますが、まだまだ赤ちゃんである仔犬を育てていくにはどのくらいの費用がかかるかご存知ですか?
http://animal-dog.com/b01-01-001.htmlに初年度にかかる費用についてざっとかかれていますが、
予防接種だけでもかなりの費用がかかります。
その他にもごはんであるドッグフードやおやつ、毎月のトリミングにおしゃれな洋服やリード、トイレにケージなど揃えるものがたくさんあります。
初めて飼う方はあまり知らないのですが、犬を飼うにはお金がかかります。
最低でも約10万円はかかることをしっかりと踏まえた上で飼ってください。
野良猫と同じように最近では犬を捨てたり、エサを与えないで虐待する飼い主がいるようですが、かわいい愛犬なんですから最後まで面倒を見てあげてほしいです。
犬は飼い主に忠実な生き物です。
一緒に過ごす時間が長くなればなるほど癒しを与えてくれるとてもかけがえのない存在になっていくでしょう。



Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.