国産

国産材料を使ったドッグフード

愛犬のために選ぶドッグフードは、原材料や成分に注意したいところ。
とりわけ「原産国」については飼い主さんすべての気にするところではないでしょうか。
現実問題として、海外のとある工場で加工されたドッグフードに有害な物質が混じっており、それを食べたワンちゃんが亡くなるというトラブルがありました。
今でも、原材料に海外のものを使用していても日本で加工すれば国産表示ができるという問題がありますから、少しでも信頼性のおけるメーカーのドッグフードを購入したいものです。

国産材料を使ったドッグフードは手間ひまをかけて作られたものが多く、添加物を使わないフードもあります。
そのため、外国産のフードよりも価格が高い場合があります。
ただし、国産フードは生食に近い美味しい状態で食べられるというメリットがあります。

輸送中に腐食してしまわないよう加えられる防腐剤などは、人間にとってもそうですが、ワンちゃんの健康にも良くありません。
ペット先進国であるアメリカやドイツなどの海外製のブランドであっても、ワンちゃんにとって安心できるドッグフードかと言われれば難しいところです。
国産の素材にこだわるなら、インターネットなどを通じて国産原料を使い、国内で製造されたフードを購入するようにしましょう。
ランクの低い素材を使わず、味や成分にも配慮されたドッグフードであれば、ワンちゃんにとっても安心できる食事となることでしょう。

外国で作られたドッグフードには思わぬ素材や添加物が使われているケースが多く、死亡事故や病気にかかるトラブルが日々発生しています。
そのため、安いだけの粗悪なフードには安易に手を出さない方が良いでしょう。
そのような意味でも、材料を国産に絞って作られているフードは信頼性が高いといえるでしょう。
人間が食べても安全な原料から作られたドッグフードは安全性が高くて飼い主にとっても安心してあげることができる商品ですね。
http://www.centralohiogoodshepherds.com/kokyu.htmlにかいてあるのですが、高級品となると1sあたりの値段が2000円くらいするそうですので、価格も参考になるでしょう。


店頭でドッグフードを購入する場合も、まずは外国産か国内産かをチェックし、次に原材料や成分表をチェックしてみましょう。
安全な材料を使っていて、ワンちゃんに必要な栄養素がと摂れるかどうかを判断してください。

http://www.jaylynnscraps.com/kanan.htmlには海外製のドッグフードで人気があり有名な商品がいくつか紹介されています。
海外製でも安全性の高い商品はありますので、試してみると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.